(ENG) Jurina’s 10 goals

Jurina’s 10 Goals

CjyDoU_VEAA9xWA

えーとですね、ちょっとこんな予定じゃなかったんで、こんなボロボロになる予定じゃなかったんで、楽しもうと思って、ちょっとこれから次の生誕祭までの目標を10個紙に書いてきたんですよ。だからちょっとそれ取ってくるね。ちょっと待ってて」
Wait, I didn’t plan to be this teary eyed, but I have these 10 goals till my next birthday ceremony that I want to achieve. I had it written it down:

松井珠理奈「お待たせしました。まず1つ目」
Thanks for waiting. Firstly:

① 髪の毛を伸ばす 1. Grow my hair long

② 友達を作る!! 2. Make friends!!
メンバー「はい!はい!」
Members: Yes! Yes!
松井珠理奈「違うの違うの。みんなは友達じゃなくて、仲間だからさ。友達、友達。SKEに関係してない友達が欲しい。色んなこう世界をね、見て、改めてSKEに持って帰ってこれることもあるんだろうなって思ったんですよ。他のアイドルグループの子とかね、例えば。続きまして」
Jurina: No no. You guys aren’t my friends, you are more like my precious group mates, what I mean to say is I want to have a friend who no connection to SKE. For example from another idol group. Continuing.

③太陽に勝つ!3. Win the sun!
「これはですね、ちょっと私はね、ほんとにね、暑い所が苦手なの」
This is because I am bad with hot temperature.
松本慈子「太陽になりたいです」
Chikako: I want to be the sun.
松井珠理奈「太陽になりたいの?」
Jurina: Want to be the sun?
竹内舞「前半MCで太陽になりたいって言ってたんですよ」
Mai: She said it in the first half MC.
松井珠理奈「でも慈子の笑顔は太陽みたいだよ。キラキラしてるもん。そういう太陽は大歓迎。リアルな暑い太陽がほんとに苦手なんですよ。もう太陽に当たるとすぐ「へにょん」ってなっちゃうの。それを克服したい。もっと体力をつけたい」
Jurina: But Chikako is like a sun with that smile. She glitters too. That sort of sun is warm. I’m bad with the actual hot sun. Already when the sun hits me, i am like “Noo”. I want to overcome that. Need to build my strength more.

④沖縄に行きたい!!4. I want to go to Okinawa!!
「これはね、もちろん沖縄が好きだから普通に個人的に沖縄が好きだから行きたいって気持ちもあるんだけど、そうじゃなくて、SKEと言えば沖縄かなと思うんですよ。もちろん名古屋もそうよ。名古屋ももちろん
This of course as a normal individual, I love Okinawa. It’s not only that I was thinking how SKE is Okinawa. Of course Nagoya too.
そうだけど、ミュージックビデオで沖縄の撮影にけっこう行ったりとか、あと自分の写真集でも沖縄に行ったりとかしてるので、なんか沖縄に行くとSKEのことを思い出すというか、沖縄の海を見ると。だから沖縄に行きたいなって思ってます」
I shot music video there and my own photo book, when I see the Okinawa’s sea i have memories of SKE. that is why I want to go.

⑤新公演を成功させる!!5. Let’s make the new stage a hit!!
「これはね、6月14日にチームSの新公演が決まったので、まずチームSの近い目標としてはこの新公演を成功させることかなと思っています。新しい公演でもチームSのパワーが出せるような公演にできたらいいなと思ってますので、是非みなさん来てください」
From 14th June there will be a new stage for Team S. Firstly, the nearest goal is to make this stage a success. It would be good if we make this new stage where Team S’ power shows. Please do come to see it.

⑥アイドル界の中日ドラゴンズに!6. Idol World’s Chunichi Dragons (baseball team)
「これはね、この間始球式をやらせていただいて、改めて思ったんだけど、やっぱり名古屋の熱って凄いし、名古屋の方は絶対中日ドラゴンズを応援するみたいな、その強い気持ちがSKEのファンの皆さんと似ているところがあるなと思ったんですよ。でも、やっぱりまだそれでも名古屋でもSKEのことを知らない方って全然たくさんいると思うんですよ。ちょっとAKBの方が可愛いかなーとかね、思っちゃったりとかする人ももしかしたらいるかもしれない。でもそういう方に
もやっぱり名古屋だからSKE応援しようよって。もちろん名古屋だけじゃなくて、違う地方の方にもそう思っていただけるように頑張りたいという気持ちはありますが、まずは名古屋から飛び立ちたいなと思っております」拍手
Its the baseball opening season and I can see Nagoya getting fired up, Nagoya’s people are surely going to support Chunichi Dragons, I think those strong feelings are similar to SKE fans. But still, SKE or Nagoya are still not well know. I don’t think there are people who know properly of AKB either, but because it is Nagoya, people are likely to cheer us. But nonly people from Nagoya, I want other districts people to think that too. But first let’s start with Nagoya.

⑦SKEの冠番組!7. SKE’s Regular Variety shows
「SKEの冠番組が欲しい!」
I want SKE shows!
二村春香「今もありますけど、もっとですよね?」
Harutamu: We already have one but you mean more?
松井珠理奈「そうそうそう。もっと。やっぱりね、こうやってね、公演とか握手会とか色んなところでメンバーの良さを出せる場所はもちろんたくさんあるんですけど、やっぱ1人1人の個性が一番伝わるのってテレビ番組とかなのかなって。やっぱりSKEに興味がなくてもパってつけて出てたら、「あっ、ちょっと気になっちゃったから、今度劇場行ってみよっかな」とか、そういう風に思ってもらえる機会がこれからどんどん増えたらいいなと思って、これを書きました」
Jurina: Yes, yes. There are many that showcases members merit like handshakes and stage shows but we don’t have a show that would highlight each individuals talents. It would be good if we could use that chance to show people who aren’t interested in SKE but showing a certain thing might peak their interest that would prompt them to come to the theater.

⑧紅白復帰!8. Kouhaku Return!
「これはもうほんとに、ほんとにもうこれは多分メンバー全員、スタッフさん全員、ファンの皆さんみんな多分思ってくださっていることなんじゃないかなって思います。やっぱり、去年出場できなかったのが凄く悔しかったし、でも何だろうな、んー、去年って正直言うとSKEで大きな目標って何ですか?って訊かれた時に、パっと出てこなかったんですよね。もうやっぱり、ファンの皆さんの応援もあるし、メンバーの頑張りもあって、色んなことがどんどん夢が実現していって
たので、さー次の目標は何だろう?って言われた時に正直な話、パって答えられない自分がいたんですよ。でも、去年紅白歌合戦に出場できなかったことで、また改めてSKEをもっとたくさんの方に知っていただきたいっていう気持ちが増えたり、SKEのどこがいけなかったんだろうとか、色んなことを考えるきっかけになって、今年こそはSKEで紅白歌合戦に出場したいっていう目標が改めてできたので、それに向かって今から頑張っていけたらいいなと思っています(拍
手) ありがとう。一緒に頑張りましょう!」
I think this is something that everyone really wants from members to the staff. It was upsetting that we couldn’t appear last year. Last year honestly what should be SKE’s biggest goal? Of course, fans support, members working hard but what should be next? When couldn’t appear for kouhaku, I thought again about how I want more people to know SKE so I thought lets work hard so we can appear on Kouhaku again. *everyone claps* Thank you. Let’s work hard together.
「続きまして。これはもう、これはもう、ほんとに思ってる、強く」

⑨SKE第一党 9. SKE Domination
「総選挙でSKE第一党!これはねぇ、今全部言ってきた目標に全て関係あることだと思うんですよ。やっぱり総選挙って、SKEがどれだけ勢いがあるのかとか、ファンの方がどれだけ
熱く応援してくださっているのかっていうのをたくさんの方に知っていただけるチャンスじゃないですか。で、ほんとにSKEはありがたいことに毎回ファンの方にたくさん応援していただけて、凄くいい結果を残せてるので、今年もこの2年連続でSKE第一党になれたらもっと色んなチャンスが増えるんじゃないかなって今思ってるので、今年も第一党になれたらいいなと思ってます」拍手
I think this goal is connected to most of the goals above, to rank most in elections. Isn’t this a good chance to show how much force SKE and the fans have. Truly, SKE is most grateful to the fans who support us, because its thanks to them we are left with amazing results. This year too, for a second year in a row lets rank the most.

⑩総選挙で0位を目指す!10. Aim for center!
「あーって言わないで。これも理由があるんですよ。もちろんね、正直に言いたいですよ。何位とか。言いたいんですけど、でも何だろうな。総選挙でみなさんと気持ちが1つになってるなと思えることが凄く嬉しいの。だから、何だろう、もちろん結果も大事だし、って思うんだけれども、まずは気持ちを1つにして、みなさんに応援していただいた結果をしっかり受け止めたいなっていう気持ちがあるんですね。毎年泣いちゃうから、今年こそはほんとに笑顔でステージに立ちたいの。だからあんまり意気込み過ぎたら、ねぇ、泣いちゃうかなと思ってるけど、けどね、言いたいんですけどね」客「おー」「言っちゃおう」松井珠理奈「言っといたほうがいいですよね、ここはね。そうだよね。正直に言ったほうがいいよね。言うね。じゃー。今年の、総選挙で、1位を目指すぞー!」拍手
Jurina: Ah I don’t want to say it. I have a reason for that. Honestly want to say it. Which rank stuff, I want to say it but how… It makes me happy to think that everyone is able to have the same one feeling for elections. Of course results are important but firstly with one sentiment, I want to accept the results from everyone’s support. I cry every year but this time i want to stand with a smile. So I am wondering even when I am this enthusiastic, I might end up crying but but I want to say it.
Audience: Woaaah, say it.
Jurina: I think it would be better if i was honest and said it. Ok I am saying it. This year at elections, let’s aim for #1!
*everyone claps*

「嬉しい。ありがとうございます。ありがとうございます、ほんとに、いつも背中を推してくださって。心強いです、ほんとに、みなさんが」
Oh thank you,. I am so happy. Thank you for always pushing me from the back. I feel reassured.


 

Posted in All Posts, English Translation, Speech and tagged , , , .

Leave a Reply

Your email address will not be published.